「花と耳飾り」展 @NADiff modern


SAEDECO「花と耳飾り」展

2021年3月5日(金)ー3月28日(日)

会場:NADiff modern [2F Gallery]

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1


以下イベントサイトより

ーーーーーー


草木が芽吹き、新たな命が息づく春。 本展は、デザイナー・早川紗枝が“心踊る春”をイメージした春の風を感じる新作展です。季節の草木花を素材としたリースやスワッグの“花飾り”と、ヴィンテージボタンやチェコの伝統工芸のガラスボタンを用いた“耳飾り”が、全て1点もので並びます。



一輪の花が、一つの古いボタンが

私の琴線に触れたとき

大きなイマジネーションの原動力となる


私がロンドン生活の中で少しずつ集めたヴィンテージボタンや、旅先で出会った伝統工芸のガラス。

誰かが大切にしてきたモノ、代々受け継がれた伝統技術でつくられたモノには、経年美化の輝きが宿っています。SAEDECOの“耳飾り”は、こうした“わくわくする”素材からのインスピレーションをもとに、

次の新たなストーリーを紡ぐ誰かの元へつなぐことができるよう“想い”を込めて、作品にしています。


そして、“花飾り”の素材は“生花”。私は、草花に宿る瑞々しい生命力と2つとないカタチにも、ヴィンテージのモノに宿る輝きと同じ魅力を感じます。

“わくわくする”素材は、私が見つけるのではありません。偶然が重なって出会うべくして出会う感覚。

草花も、1本1本がそれぞれに活き活きと輝く場所を見つけると、自然とカタチが出来上がります。

こうして新たなカタチに生まれ変わったモノは、次の持ち主へとまた出会うべくして出会うのです。

まるでお互いを引き寄せるように。



こんな時代だからこそ、日常の中にある小さな幸せの積み重ねを大切にしたい。

今、私にできることは、作品に触れた方の笑顔を想像しながら、ひとつひとつに心を込めること。

誰かの“特別なひとつ”に出会うためのお手伝いができることを願って、

みなさまの日々に“小さなときめき”をお届けいたします。


ーSAEDECO・早川紗枝

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

© 2017  SAEDECO